イタリア旅行⑱ヴェネツィア ゴンドラクルーズ

旅行日 2019年6月1日(土)

さて、お待ちかねのゴンドラクルーズです。
サン・モイゼ教会のそばから乗り込みます。
ところが、添乗員さんが「1組、分かれてしまうんです」と。
何を言ってるのか、最初わからなかったのですが、
どうやらゴンドラが6槽しか確保できてないようで、
基本5人乗りのゴンドラですが
26名のツアー客のうち
2名×2組の4名で乗るゴンドラと
5名で乗るゴンドラができてしまうのです。
添乗員さんを含め27名なので
誰か1組だけ分かれて5人乗りのゴンドラに分乗
しなければいけないわけです。
添乗員さんがどうやって決めましょう?
っていうけど、そりゃ、みんな嫌がりますよね。
下向いて沈黙が続きます。
仕方ないのでジャンケンにしましょうかというと
ザワザワ、険悪な雰囲気。
仕方ないので、夫婦単位が多いので
同行の友人に分かれてもいいか了解を得て、
私たちが分かれることに名乗り出ました。
だって、すごい嫌な雰囲気になってきたし
決まらないので時間ばかりが過ぎるし。
私たちが名乗り出ると
皆さん一気に安堵の表情。
6槽に次々分かれて乗り込みますが
私は、最後のゴンドラになってしまい
なかなか最後の2槽が来ないので
ちょっと不安。添乗員さんは、先に出発してるし、
イタリア語じゃ交渉できないし・・・・・
ようやく、だぁいぶ遅れて乗り込むことができました。


細い水路を抜けていきます。
われらのゴンドリエールは細マッチョでたくましい❣

すれすれにアーチの小橋も進んでいきます。
ゴンドラどうしが、すれ違う時は技ありです。
壁を蹴ったりしながら、ゴンドラが傷つかないようにするのは
熟練のかじ取りの技でした。

案内はないので、グーグルのダウンロード地図を頼りに現在地を確認。
フェニーチェ劇場の裏側を回ります。
VIPはここから入場するのかなぁ?

ここまで来て、以前、乗った時のようなアコーディオンと歌い手をのせたゴンドラがなく
ちょっとカンツォーネを聞きたかったので
ゴンドリエールに
「カンターレ、ペルファボーレ(歌って)」とお願いしたのですが、
「ノン、ゴンドリエール」自分は船頭だから歌わないと断られました。
仕方ないので
「ポッソ、カンターレ?(歌っていい?)」と聞くと
「シィ、チェルト(うん、もちろんだよ)」と言われたので、
同乗の2組に許可をもらい、
唯一イタリア語で歌えるサンタルチアを歌いました。
気持ちよかったぁ!
しばらくすると、運河から外海に出ます。
波が、大きくなります。
サンタマリアデラ・サルーテ教会の前を通ります。

大海原に出て、ゴンドリエールの活発な動きも目の当たりにしました。

楽しいゴンドラ体験も終わり、
元の場所に戻ってきました。
私たちは最後だったので、下船後キョロキョロしましたが
ツアー客はだれもいません。おい!
仕方なく、5人で通りの方に歩いていくと
橋を渡った向こう側で集まってる人発見。
皆さんお待ちかね。
どうやら、日差しがきつかったので
サンモイゼ教会の日陰に集まっていました。
添乗員さん、迎えに来てほしかったなぁ。
5人、路頭に迷うところだったよ。
しかも、別々に分かれて分乗したねぎらいの言葉もなく、
なんか、長時間、待たされていた感が。
私たちが乗船するまでに、だいぶ時間がかかったことなんざ、
誰も気づいちゃくれない( ノД`)シクシク…
一組の方から、分乗していただきありがとうございましたのお礼をいただきました。
まぁ、同乗していた方から、歌うまかったねぇ。
巻き舌も入っていたとお褒めの言葉を頂戴したので
それで、良しとしよう!


    ⑰へ    |    ⑲へ

イタリア旅行⑰ヴェネツィア サンマルコ広場

旅行日 2019年6月1日(土)

朝食後、徒歩にて観光です。
サンマルコ広場を目指します。
ホテルから運河沿いを歩くので、気持ちいいです。
昨日は、同じ道でも、パレードの衣装を着た人達に
目を奪われていたので。
ツアーのみんなで、はぐれないようにいくので
一瞬のうちに写真を撮りました。


後で調べたら、ヴィットリオエマニュエル2世の像でした。
ミラノのドォーモ前にも騎馬像ありましたよね。
恐るべし有名人!


溜息橋を見ながら通りすぎ


ドゥカーレ宮殿の前を過ぎます。
ここは、通常の入場とは別にシークレットツアーがあります。
ただし、日本語ガイドはないので、最低限の英語がわからないと
集合時間や集合場所などに困りますので注意です。
豪華な宮殿は、その後見学できます。
質素な執務官の部屋や評議員の部屋、拷問が行われた部屋、カサノヴァの話が案内人付きで回れます。
残念ながらツアーなので、その時間はありませんが
フリーで行かれた時はおすすめです。

サンマルコ寺院の横を通り

紙の門の前を通り

サンマルコ広場到着です。


圧巻です。
鐘楼とサンマルコ寺院がきれいです。

ちょうど時計台の鐘が鳴り、からくり仕様に




フローリアンでラッキーにも演奏がありました。


広場からちょっと離れ、ガラス工房に寄ります。
デモンストレーションがあり、ガラス細工を作って見せてくれました。

店内の装飾も面白い。



いろいろなヴェネチアングラスがあり
買い物タイムでした。
でも、さすがにちょっとお高い。
グラスや置物を買ってる方もいました。
きちんと梱包してもらってたようです。
ひたすら、目の保養でお勉強。

    ⑯へ    |    ⑱へ

イタリア旅行⑯ヴェネツィア ホテルガブリエリ

旅行日 2019年6月1日(土)

ホテルの朝食バイキングです。
チーズやパンがおいしかったです。

右側のは、マスタードです。

ホテルの中庭 雰囲気がいいです。

どうやら、昨日、迷路のように入り組んでいた
私たちの部屋はは左上の最上階の三角部分みたいです。


ホテル前にはきれいな花が咲いていました。

グーグルレンズでではサンゴジュという赤い実のなる植物のようです。
ロケーションもよくて
ベネチア島内に宿泊できるのはラッキーなことです。



     ⑮へ    |    ⑰へ

イタリア旅行⑮ヴェネツィア バカリ(立ち飲み居酒屋)とヴァポレット(水上バス)

旅行日 2019年5月31日(金)

友人をホテルまで送り、夜の街へ繰り出します。
あまり海外では、夜遊びはしないのですが
6年前の1913年に一人でヴェネチアを訪れた時は
眠らない街で、夜でもメイン通りは、人が多かったので
今回も、外出。
街は、ちょっと迷路みたいになっているところもありますが
基本、RIALTOとS.MARCOの矢印看板が
いっぱい出ているので迷うことはありません。
まず目的は、バカリと言われる立ち飲み居酒屋に行くこと。
リアルト橋の近くに美味しいお店があったはずなのですが
記憶を頼りにでは見当たらない。
当時はスマホを旅行では使ってなかったからなぁ。
この路地っぽいところのはずなんだけどと思いながらも
見当たらないので、ちょっと暗い道なので断念。
メイン通りに戻り、
にぎわっていそうなところに入ります。
バカリはハウスワインが1~2ユーロ。
おつまみも1ユーロ~あるので
気軽です。

白ワインと生ハムのブルスケッタを頼み
立ち飲み。満足!

リアルト橋はピンボケ。


でも、ロマンチックでしょ。

さて、乗り鉄の私は、ヴァポレット(水上バス)に乗ります。
以前は、5日券か7日券を買った記憶があるので
1回券がやけに割高に感じられました。7.5ユーロだったかなぁ?
リアルト橋から1番路線、乗船。




運河の夜景を楽しみながら帰りました。
サンマルコ(サン・ザッカリア)で下車。
満足です。


   ⑭へ    |   ⑯へ

イタリア旅行⑭ヴェネツィア サンマルコ広場

旅行日 2019年5月31日(金)
夕食の後、せっかくなので歩いてすぐのサンマルコ広場へ。

だいぶライトアップされてきれいです。
明日も観光しますが、夜と昼では
雰囲気が違いますもんね。

サンマルコ寺院もきれいです。

カフェ フローリアンで生演奏が始まりました。

テラス席の方はかぶりつきですが
一般の人も自由に聞けます。立ち見ですが。

友人は、ちょっと疲れたようなので
いったん宿に帰ります。

溜息橋


私は、その後、一人で繰り出します。


   ⑬へ    |    ⑮へ